自分の体の中でこんな戦いが!「はたらく細胞」

「はたらく細胞」(著者:清水あかね 出版社:講談社)
この漫画は実におもしろい。
絵もいいです。

この漫画の細胞というのは、人間の細胞です。
主に血液系の細胞ですね。

その細胞たちを擬人化し、それぞれどのような役割かを説明しながら、コミカルに話が進んでいきます。

私は医療系の知識があるので、ツッコミどころが結構あります。
でも、そんなことは気にしません。

登場人物(?)で好きなキャラクターは『白血球』と『好酸球』です。

『白血球』の役割が体に入った細菌やウイルスを殺すのは誰でも知っているところです。

この作品の中の白血球は、アーミーナイフを最近に突き刺し、惨殺します! 白血球は返り血を浴びますが、おかまいなしで、自分の職務を全うします。
敵には容赦ないですが、同じ細胞仲間にはやさしいやつです。

『好酸球』は、体に侵入した寄生虫に対して攻撃する役割を与えられています。
ですが、その役割どうこうではなく、なんともかわいいキャラクターです。
普段はクールなのですが、ほめられると、でれっとした表情になり、そのギャップに萌えます!
話のテンポがよいので、多くの人が楽しめる漫画だと思いますよ。

テンポが良くてエロくて面白いアダルト漫画「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」もおすすめです。

作者の鳩こんろさんの女の子キャラが可愛くてエロいです。
↓ ↓ ↓
http://hatokonromuryo.x.fc2.com/