天国からでも書いてほしいもう一度読みたい和田慎二先生の漫画

私は昔からの和田慎二先生ファンです。

有名なスケバン刑事はもちろんですが、ピグマリオや超少女明日香など大好きでした。

男性初の少女漫画家という事で有名だった先生ですが、今はあの先生に匹敵するほどの魅力的な内容を書ける漫画家は、居なくなってしまったと私は感じています。

傀儡子リンは遺作となってしまい、最後の巻末にはその後の先生が書いてくれたであろう、2部の内容があらすじのように記載されていましたが、文字で内容を見ても私をワクワクさせる内容で、出てくるであろう新たなキャラクターを想像するだけ早く見たい!と思ってしてしまうくらい、キャラクターづけがとても上手な先生でした。

そんな先生の突然の訃報は私にとって、私の中の漫画の歴史が幕を閉じるくらいの衝撃でした。

もう二度と和田慎二先生が考え、書いた漫画が見られないと思うだけでとても悲しかったです。

今はあの先生に匹敵するくらい、ワクワクをくれる漫画を探す毎日ですが、そう簡単には見つからないと思います。

鳩こんろ 漫画 無料で立ち読みしてみた、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。も美女とのハーレムエロい同居生活にワクワクです。

「いつもポケットにショパン」は、ピアノ漫画の名作中の名作

主人公は、ピアニストの愛子の娘、麻子です。

麻子の家の隣には、愛子の幼馴染の華子とその息子、季晋が住んでいます。

小学生の麻子と季晋は大の仲良しで、一緒にピアノ教室に通います。

しかし華子と季晋は、ドイツへ留学することに。

更には留学先で事故に巻き込まれ、華子は死亡、季晋は命こそとりとめたものの、その後の行方はわかりません。

そして長い年月が経ち、二人は高校生になります。

それぞれにピアノの道を歩んでいて、自然と再会することになります。

しかし優しかった季晋はまるで別人のように変わっていました…。

季晋はなぜ変わってしまったのか、麻子と季晋の恋愛はこの先どうなるのか、麻子のピアノはどのように成長していくのか…など、ハラハラドキドキしながら読める作品です。

この物語の中では、麻子と季晋の関係に一番目を魅かれます。

しかし実は、麻子と愛子の関係もとても素敵なものなのです。

愛子は本当に無愛想で娘にもとても冷たく、麻子が大嫌いな母親です。

しかしある時、ピアノを通じて会話ができることを知る瞬間のシーンがあるのです。

私はそのシーンが大好きです。

麻子が鍵盤を一音弾いたら、愛子もそれに合わせて一音弾いてきたのです。

とても素敵なシーンでした。

親子の絆、男女の絆、友情、恋愛…、大切な人がいる人や音楽が好きな人は是非読んでみてください。

巨乳でかわいいJKが妹だったら、シスコンになってしまいますよね。そんな兄が透明人間の薬を飲んで、妹の美琴にエロいことしまくるエロマンガがまろん☆まろんの何かいる2です。
↓↓
何かいるっ!!!2 無料立ち読み

少女漫画なのに世界観がすごい「赤髪の白雪姫」

白泉社の月刊少女漫画雑誌「LaLa」で連載中の漫画「赤髪の白雪姫」。赤いリンゴのような髪の色をした少女・白雪はある日、悪名高いラジ王子に気に入られ、愛妾にされかかり国を出ることにしました。その道中で隣国の第二王子・ゼンに助けられ、彼の国へ。しかし、珍しい髪色と身分のない白雪にゼンとの接触を厳しい目で見られます。

そこで白雪はゼンに会うために、また薬剤師として人々を助けるために宮廷薬剤師になることを決意しました。試験に無事合格した白雪だけど、まだまだ周りの目は厳しい。それでも負けずに正面から立ち向かう白雪はゼンと彼の側近・ミツヒデ、木々、オビと共に自分の道を切り開いていきます。

この漫画のすごいところは話の内容だけでなく、少女漫画とは思えない世界観にあります。王国ファンタジーとしてきれいな風景や描写がたくさんちりばめられ、思わず感動する場面も。その世界観は今までにない少女漫画だと思います。皆さま、ぜひ読んでみてください!

チンジャオ娘 エロマンガって人気ありますよね。

テニスサークルのヤリサーの実態を描いた某有名私立大学ヤリサーの実態とか、おねしょた系のお年玉でお姉ちゃんを買ってみたとか、ターゲット層が幅広くて楽しめます。

なるしまゆりさんのマンガが面白いです。

この漫画家さんとの出会いは、同人誌のアンソロジーでした。

なんとなく惹かれる話を書く作家さんでした。

それから本を見かけたら手に取るようになり、今ではすっかりファンになっています。

「少年魔法士」や「少年怪奇シリーズ」等ホラーやファンタジー作品の多い作家さんです。

繊細で特に目元に色気のある(と私は勝手に思っています)絵です。

私が特に好きなのはこの方の描かれる魅力あふれるキャラクターです。

題材はホラーやオカルトものも多いですが、人物がとにかく生き生きしていて、まっすぐ生きていて読んでいて元気をもらえます。

フィクションながら、あぁ、こういう人いるかも、と思わせるところが素晴らしいと思います。

セリフや、登場人物のやりとりで、思わず納得しすぎて衝撃を受けることがあります。

すとんとセリフが自分の中に落ちてくることがあるのです。

ヨダカパン・ねむのやの密室女子学生中だしレイプというエロ漫画が最近読んだ同人の中では特に良かったですね。

清純な童顔な女子学生だけど体はむちむちの巨乳キャラというギャップがいいのと、密室エレベーターでレイプされるシチュエーションに興奮します。

気になる人は、作品の無料立ち読みをしてみるといいでしょう。

これからもマンガを買いたい作家さんの一人です。